中学受験では過去問を分析したノートが必須

中学受験の対象は、主に中高一貫の私立であることから、教育要綱に従って教えている公立よりもマニアックな問題が出題されやすい傾向にあります。
志望校の特色を把握するためには実際に過去問を解いてみることが大切であり、それによって特定の教科が難しいなどの問題点を自覚できるのです。
入試本番では、少なくともこれまでの過去問より難しくなると考えておく必要があり、限られた時間でどれだけ学力を伸ばせるのかが鍵になります。
小学校の先生にはサッパリ分からない領域だから、中学受験に特化した進学塾に通うのが鉄則です。
仮に、何回も繰り返し解いて高得点を取れるようになっても、次回の入試では過去問とは全く違う傾向に切り替わってしまう可能性もあるので、やはり進学塾の情報力によって適切な受験対策をしておかなければいけません。
勉強論理的な思考力などを試してくるので、ただ解答を丸暗記するのではなく、分析ノートでなぜその解答になるのかを正しく理解することが必須です。
誰でも解ける部分では絶対に間違えないといった受験テクニックも習得しなければならず、独学で中学受験に挑む家庭はあまり見られません。
受験戦略としても奥が深く、浅く広く勉強して受験できる学校を増やすのか、それとも、本命の志望校だけに絞って掘り下げていくのかでも学習カリキュラムが全く異なります。
マニアックな出題になるほど集中的に勉強していた受験生が有利になるので、よく考えた上で勉強の方針を決めるべきです。