中学受験でおすすめの過去問の使い方

勉強中学受験をする小学生は、だいたい5年生の冬くらいから過去問を解き始めます。ここで始めに解くのが第一志望校の最新年度の過去問です。そこでどれくらいの点数が取れるかの目安をみます。この後のおすすめの勉強法は、高校受験をした方には驚かれる方法ですが、全ての私立中学の過去問を解くことです。現在は様々な会社から問題集が出版されていますが、おすすめは科目ごとに分厚い一冊にまとまっているものです。もちろん様々なレベルの学校がありますから、解けるものも解けないものもあるでしょう。しかし、ここで培いたいのはどのような角度から出された問題にも柔軟に対応できるようにする力です。もちろん、各学校には傾向があります。その傾向は実際に中学校に行けば、入試相談コーナーなどで情報を得ることができるでしょう。しかし、それに特化した対策しか行わないと、いざ傾向が変わった時に対応できません。中学受験では傾向が変わるのは良くあることです。そこで柔軟な力をつけることが求められるのです。ただ、この勉強法はすごく時間がかかるというのが難点です。ですから毎日少しずつでも良いので毎日解きましょう。得意な科目は1日に何校分も解いて構いませんが、苦手な科目は1日に1校だけでも、それが難しいようなら大問一つでも構いません。とにかく毎日実際の入試を解くことが必ず力になります。この勉強は間違えたものを繰り返し解く必要はありません。毎日コツコツと頑張りましょう。