中学受験の過去問を解いて分析をする

授業中学受験では、参考書で基礎知識を身につけて、問題集で実戦力を高めることが基本部分となります。しかし、それだけではまだ不十分であり、そこからさらに本格的な対策を行っていく必要があるのです。
基本をマスターしたのであれば、次は自分の志望校の過去問を解いていき、出題傾向や問題の分析をしていくようにしましょう。
中学受験では、この段階で最も重要と言っても過言ではなく、塾のような環境でもそういった学習は必ず行うようにしています。日頃から過去問を解いていく習慣を身につけるようにして、最後の砦となる部分を攻略していくようにしましょう。
特に、間違えた部分や理解が難しい設問などは、集中的に勉強するようにして、苦手を克服することが大事です。分からないままで本番を迎えてしまうと、同じよう内容が出題された時に苦労してしまうのです。
過去問を分析するもう1つのメリットは、どの分野が特に重要なのか、どういった部分が頻繁に問われるのか、そこを知ることができる点です。それによって、今後の学習計画もかなり立てやすくなりますし、大事な分野に時間をかけて勉強することができるのです。
どうしても、全ての分野を完璧にマスターすることは厳しいですし、時間も限られているわけですからそれは非現実的です。だからこそ、重要な部分とそうでない部分を把握して、前者の学習に時間をかけることが必要なのです。これは、中学受験だけでなく、この先の高校受験や大学受験にも同じことが言えるのです。