中学受験対策は過去問からはじまる

説明会様々な理由から中学受験に挑戦しようと決めたら何から手を付けたらいいでしょうか。それにはまずは過去問を入手することからはじめるといいです。

多くの学校では入試説明会などの名目で、保護者とお子様が参加できる催しが開催されます。その際に参考資料のひとつとして渡されることがあります。また、そうでない場合には、学校へ希望すれば多くの場合にはいただけます。解答がついている場合もあります。場合によっては書店で有料で中学校ごとに問題集として数年分まとまった形で売られている場合もあります。その場合には解答や解説が一緒についているかどうかよく確認します。

これを入手したからといっていきなり解いてみるのではなく、どのくらいのレベルで出題されているかをまず知ることが必要です。その特徴や、出題されやすい単元や試験時間など具体的な傾向を知ることができます。

これは受験をするうえでとても大切なことです。いくら実力が見合うからといって、偏差値などだけで選んで学校を受験するというのは無謀です。やはり受験校の問題からその特徴をよくつかんだうえで、何年分かを解けるようになったうえで対策を立てて受験することが何より助けになります。これによってお子様の受験に対する不安などを取り除き、試験をある程度自信をもって受けることができます。

このように志望校の試験内容の情報を把握しておくことは、受験に対して合格へのアドバンテージになることは間違いありません。中学受験はまず過ここからはじまると思っていいでしょう。