中学受験で過去問の相性で判断も吉か

中学受験でも高校受験や大学受験と同様に過去問の重要性は高いです。入試問題の傾向をつかみ、対策を練るうえでは欠かせません。中には、過去問を解き続けても中々対策できずに合格ラインにほど遠い成績しか取れなかった場合は、相性が悪いと判断して志望校を変えるという手段をとることもあります。この思い切った策は、中学受験においては有効なのでしょうか。
中学校での勉強は高度で専門的な知識を得るための土台作りといった位置づけです。ですから、入試の出題傾向を見て、自分との相性が悪い場合にはそこを諦めてしまっても、別の志望校で同様の学習ができるケースが多いです。もちろん、偏差値などの評価は志望校ごとに異なり、その評価にこだわることも大切ですが、入学することがゴールではないですから気にすることではないでしょう。
勉強しかし、第1志望校へ何としてでも入学するというモチベーションがなくなってしまうのは、受験にとって大きなマイナスといえるでしょう。勉強がつらくなってきたときに大切なのは精神力だったりします。目の前の目標が自分が本当に目指している場所なのか、戦略的に選んだ場所なのか、という違いはその後の生活習慣に影響しかねません。
塾には、子供たちの希望を最大限尊重するためのアドバイスが求められます。中学校側も、第1志望校として選んでもらった方がうれしいでしょうし、生徒として接する時にも指導の熱に関係してくるでしょう。なので、中学受験とはいえ、過去問を実力を判断するうえでの1つの道具としてとらえるのではなく、具体策を見出すヒントとして活用するのが良いのでしょう。